エルエス ジャパン4Dr

エルエス スカイラインジャパン4Dr-(13)

Photo
ジャパンはほぼ完成の状態までこぎつけました。
あとはフェンダーミラーとワイパーを付けたらおしまいかな。

グリルのエンブレムは塗装。フェンダーウィンカーは余っていたデルタの透明パーツに置き換えています。バンパーは、長さをちょっとだけ詰めてみました。


Photo_2
雨どいとサイドウィンドウ下のモールは、細切りのメタルックを貼り付け。ドアノブもメタルックです。キーシリンダーは虫ピンに置き換えました。もうちょっと小さいサイズのでも良かったかな・・・。

それにしても埃だらけの画像ですな。放置具合がよく分かるってもんです。。。




Photo_3
接着剤の付着により白化していたテールランプは、ヤスリで削る事によって再生できました。それにしてもオレンジが目立たなくて、ほぼ全部真っ赤に見えます(汗)
NISSANやTURBOのエンブレムは自作デカールによる再現で、ここはまずまずかな。バックランプはクリアパーツを使わずに、軽くスモークを塗りました。


Photo_4
左のパーツはキットに付いていたマフラーエンド。これじゃあまりにも太いと感じたので、2mmのプラ棒で作ってみたのが右のもの。純正の太さって知らないけど、シングルφ50程度かなと。
もしかしたらもっと細いのかもしれないけど、これ以上細いと模型栄えしないから、こんなモンで。



だらだらと続けてきたスカイラインジャパンの再生も今回で最終回となります。
ドボン二回とか色々あったけど、無事に完成しそうだから取りあえずよしとしますか。

エルエス スカイラインジャパン4Dr-(12)

久しぶりに模型に触れたので、進んだ分だけupします。


Photo
窓枠やライトのフチにメタルックを貼り付けました。
ここ、塗装にするかメタルックを貼るかでよく悩むのですが、今回はメタルックにしました。
細切りにした状態で、シールのフチをモールドに沿わせるようにして貼り込んでます。これだと貼りに失敗してもやり直せばいいだけなので気は楽ですな。やり直しそのものは面倒ではありますが・・・。

前後のガラスのフチとドア下のモール、ドアノブ等にメタルックを貼り付けました。
実車には雨どいのところとかサイドウィンドウ下にもメッキモールがあるみたいだけど、かなりメタルックを細切りにせねばならず、再現できるかは微妙な感じ。
取りあえず何回か試してみるつもりですが、気がつかなかった事にするかもしれません(汗)


Photo_2
折角なので、ライトレンズを付けてボディに取り付け。
やっぱりライトが装着されると雰囲気がグッと良くなりますね。大分クルマらしくなりました。

エルエス スカイラインジャパン4Dr-(11)

クリアーを吹いてから約2週間程放置。
ぼちぼちいいかな?って事で研ぎ出しをしました。

Photo
なんかカドだしたような気もしますが、あまり目立たないので気にしない事にします エー


で、窓枠を塗装するべく、マスキングを行いつや消し黒を吹きつけ。
クリアーを塗装するときもそうだったのですが、この時期はやたらと埃が付着するので、缶スプレーは使わずにエアブラシで塗装しました。

Photo_2
窓枠と、ドア下のところも黒くなってます。フロントとリアウィンドウはメタルックを貼るつもりなので、マスキングしたままですよ。


Photo_3
デカール部分が持っていかれないように気をつけつつマスキングテープを剥がしました。
大きなミスもなかったし、取りあえずokかな。

やっとこさここまで戻ってこれました。
前回と同じミスをしないよう、細心の注意を払って進めていきます。。。

エルエス スカイラインジャパン4Dr-(10)

Photo
デカールを貼ってみた。
ちょっとくどい感じもするけど、これ以上黒を細くすると印刷がかすれてしまいそうだし、模型的にはこんなのもありかな?なんて、自分で勝手に納得しとります(´・ω・`)

これからクリアーを吹いてきます。そうなるとボディは暫く放置になるから、内装の方に手をつけていきますか。

エルエス スカイラインジャパン4Dr-(9)

相変わらず大して進んでおりませんが・・・

Photo
なかなかやる気にならなかったデカールの版下をつくりました。
どれもこれも大したものではないけど、モノが小さいだけに筆塗りでは難しいと感じるものを用意しました。Sエンブレムとかは、モールドを生かした塗装にするかもしれないけど、いちおう作ってみた。


Photo_2
で、印刷すると、こんなちょっとしかありません(笑)こんなのでも、あるとそれなりに雰囲気が出ますからね。
エンブレムのメッキ部分とかはシルバーで表現するつもりで何度か試してみたのですが、いまひとつ綺麗に出力できなかったのと、小さすぎてあまり意味をなさなかったので、結局黒線としてしまいました。

あぁ、サイドに貼るSkylineエンブレムは二ついるんだっけ。もう一組印刷しておかないと。

エルエス スカイラインジャパン4Dr-(8)

Photo
ボディは、パテ切削の後、サフ→シルバーと吹き付けました。
モールド埋めに黒い瞬着を初めて使ってみたのですが、食いつきは問題なし、切削感は良好という事で、なかなか良い印象でした。
前回えらく苦労したサンルーフのモールドも気にならなくなりました。最初からこれを使えばよかったな。

この後は、エンブレム等のデカールを貼ってからクリア吹きとなるのですが、室内の乾燥が著しいこの時期なので、夥しい量の埃が付着しないか心配です。ここは気をつけないとなぁ。

エルエス スカイラインジャパン4Dr-(7)

全然進んでおりませんが・・・・。

Photo
サンルーフのモールドは、ドボンによりまた埋めなおしとなってしまったので、今度は黒い瞬着を使って埋めてみることにしました。これは初めて使うので、切削感とかどんな感じなのか楽しみです。

この手のモールドを埋める時、私は光硬化パテを使う事が多くて、今までに問題も発生しなかったのですが、こいつに限ってはなぜかうまくいかなかったんだよなぁ・・・。

エルエス スカイラインジャパン4Dr-(6)

結局、コレを終わらせてから次へかかることにしました。
やり直しではありますが、これも過程のひとつと考えて記録に残しておきます。
と言う事で、ジャパンは塗料を落としました。

Photo
最初の塗装落としから数えると、三度目です。なにやってるんだか・・・。
スジの彫り増しをやっているのもあって、ボディはかなり脆くなってきてます。ボンネットとか開けるつもりないんですけど、お祭の型抜きの如く切れてきて半分くらい開いてしまったので、すかさずプラ板で裏打ちしました。
エンジン入れたらカッコいいでしょうけどね。そこまで出来ません(´・ω・`)

Photo_2
その他の脆くなってきたところ。
赤丸のところに亀裂が入っており、ドアのスジ彫りに沿って取れてしまいそうだったので、ここもプラ板で裏打ち。亀裂はパテ埋めして目立たないようにしておかないと・・・。

エルエス スカイラインジャパン4Dr-(5)

ボディの処理に失敗し、ジャパンは2度目のドボンを決意しました。
何をやったかはあまりに恥ずかしいので公表しません・・・。

正直言って、もうブン投げたくなりましたが、それは思いとどまりました。
気が向いたらまた再生の道を辿らせてやろうと思いますが、前回やった研ぎ出しを終えるところまで進むには、それなりの時間を要するでしょうから、暫くこのクルマの更新を休止します。

取りあえず、何か別なのを作ってモチベーションを上げるところから始めます。。

エルエス スカイラインジャパン4Dr-(4)

ジャパンは随分と間があいてしまいました。

と言うのも、前回はダークグレーMっぽい色に塗装したところまでやっていたのですが、どうにも色が気に入らなかったので、再度塗装を落としてボディの塗装をやり直しておりまして・・・。
元々が塗装落としからスタートしていたので、同じ記事を書いてもしょうがないですからね・・・。あと、サンルーフのモールド埋めが綺麗に決まらず、パテ埋め→ペーパー掛→サフ→パテ埋め→ペーパー掛→サフ→・・・のループに大ハマリしていました。

------------------------------------

Photo
ボディはクレオス#8シルバーに塗りなおし。その後クリアーをかけ、研ぎ出しまで進みました。苦労の甲斐があったのか、サンルーフのモールドは目立たなくなっている模様・・・。

Photo_2
テールランプも組み立ててみました。
透明パーツの裏にはメタルックを貼っています。ガーニッシュ全体はブラックメタリックで塗装し、フチをエナメルシルバーで筆塗り。はみ出たところは、スミ入れの要領でチョイチョイと消しています。
バックランプはプラ板を切り出し、スモークを吹きつけてみるつもり。あと、エンブレム類は切除しました。

Photo_3
その切除したエンブレムは、デカールで再現してやります。
まだ途中だけど、こんな感じの作業をしとりますよって事で。