フジミ mid4Ⅱ

フジミ 日産mid4Ⅱ-(5)

MID4も今回で最終回。窓枠塗りと小物関係です。

Photo
ちまちまとマスキングをしています。エアインテークのスリットは黒いので、その辺は塗り分けないと・・・。ここが結構面倒くさかったかな。

2
でまあ、全体にマスキングテープをペタペタやっとります。で、黒くしたいところをデザインナイフでカットしています。

Photo_2
自分は缶スプレーをよく使うのですが、今回はスリット等、細かく塗りたいところがあったので、珍しくエアブラシで吹き付けました。

Photo_3
マスキングテープを剥がしてみました。
いつものことですが、なかなか完璧にはいきませんね。
いまいちなところがあちこちにあったりするのですが、まあこんなもんです。

Photo_4
小物も用意してとりつけ。メタルックとか貼ってます。

Photo_5
ナンバープレートは、アクステオンのエッチングパーツを使ってみました。
裏を塗る必要はないし、薄いからとてもいい雰囲気になりますね。薄いプラ板を切り出して塗ってもいいんだけど、毎度となると面倒なので。。。
ちなみにこれは\2,000で、日本車のナンバーだけで12台分作れます。これくらい台数を作れるのならコスト的には無問題です。自分はラリーカーもよく作るから、外車用のナンバーも無駄になりませんよ。

フジミ 日産mid4Ⅱ-(4)

8月はわりと時間に余裕があったのだけど、9月に入ってから一気に忙しくなってしもうた・・・。
なので、模型もほとんどいじることが出来ず、ちょこっとネタですが更新です。

Photo
研ぎだし完了しましたー。(あぁ、これだけですスミマセン)
#1500→#2000→タミヤコンパウンド(粗目)→同(細目)→同(仕上げ目)の順です。
後は、マスキングして窓枠とか塗ったらほぼ完成なんですけど、時間を取れるか微妙なところでして、更新も暫く滞るかもです。。。

フジミ 日産mid4Ⅱ-(3)

mid4を進めます。

Photo
シート裏から直していきます。
最初はこんな状態だったのですが・・・


Photo_2
エポパテを盛ります。
このパテは混ぜ合わせて間もない頃はベタベタとくっつくので、大雑把に盛り付けたら、やや時間をあけてから整形するようにしています。

Photo_3
ある程度硬化したら、カッターで大雑把に削って・・・


Photo_4
ヤスリで均す、と。

作業そのものは何てことないのですが、やはり少々面倒くさいですね。
だけど目立たない場所だから、仕上げが粗くてもさほど気になりません。私は手を抜けるところはガンガン手抜きして完成を目指す方です。なんつって。手を抜いてはいけないところでも手抜きしてますケド


Photo_5
ダッシュボードの赤線で書いたあたりは、パーツの合いが悪くて、ぱっと見でも隙間が気になりました。
外からもよく見えそうなところなので、パテ埋めして直しておきます。


Photo_6
実車画像を眺めていると、どうやらフロアマットは赤らしいです。
それじゃあって事で、目の粗い紙やすりを赤で筆塗りしてちょこんと置いておきました。


Photo_7
テールランプも塗り分け。
真ん中のマスキングは難しそうだったのですが、マスキングテープを貼った後に、軽くケガキ針でモールドに密着させてからカッターでテープを切り出すと、思いのほかうまくいきました。
今まではマスキングテープを密着させるのに爪楊枝とか自分の指を使っていたのですが、これからはケガキ針にしようかな。

内装を仕上げたら、もうほとんど残っているパーツがなくなっちゃった。
ボディはクリアの乾燥待ちなのであと一週間くらいは手をつけられないけど、mid4の完成は近そうです。

フジミ 日産mid4Ⅱ-(2)

Photo_2
このキット、サイドのエアインテークは、ボディと別パーツになっています。
仮組みしてみたら結構な隙間が発生したので、隙間埋めのためにパテを盛ってみました。
ホワイトパテを使っているので、画像だと少々分かりにくいですが・・・。


Photo
で、パテを盛っては大雑把に整形しつつ、何度も仮組みして様子を確認してみます。
ドアと接するところはそれなりによくなったと思うのですが、塗装後にパーツを取り付ける場合、どうしてもボディとの継ぎ目が残ってしまいます。

ならば、先に取り付けたらいいじゃないか、という話になるのですが、スリットより奥は黒に塗装する予定でして、別パーツで進めた方がここの部分の塗装は楽に出来そう、という。
さて、どうするかな・・・。

Photo_3
あれこれ考えたのですが、やはり先に取り付けて継ぎ目を均しておいたほうがいいだろう、という事で、ボディに接着し継ぎ目を均しました。
画像は、サフを吹いて様子見をしているの図。

Photo_4
エアインテークも落ち着いたので、ボディを塗装しました。
クレオス#8シルバーを、お手軽な缶スプレーでシュッと。

Photo_5
シート裏は、キットのままだと凹んだ状態になっています。
どうせ2シーターだし、ここは修正しなくていいかと思っていたのですが、念のため仮組みして確認してみたら、サイドウィンドウとリアウィンドウの両方から丸見えでした。やっぱ、やらなきゃダメか。。。
シート自体が丸みを帯びているから、エポパテで整形してみましょうかね。

フジミ 日産mid4Ⅱ-(1)

もう一台いきますか。

自分が所属している模型クラブの来年のお題は「計画・未完成・試作のものたち」であります。さてカーモデルだとどんなキットがあるのか・・・って思案していたら、心やさしいクラブの先輩が無言でスッとこれを差し出して下さいました。貴重なキットなのに惜しげもなく放出してくれるなんて感謝感激です。
Photo
と言う事で、フジミのmid4Ⅱです。キットにⅡとは書いてないけど、分類上そうした方が分かりやすそうなので、敢えて付記しとります。

webで実車画像を探しつつキットを眺めてみたのですが、結構似ているように思います。直線部分が少ないから、窓枠を塗るのは難しそうですけど、それ以外は特に問題なさそうな感じ。

Photo_2
ワイパーはボディと一体でモールドされています。
まあ、ワイパーの形状は悪くなさそうだし、ワイパーの下の色も黒くするだろうから、削り取らずにそのままいこうか。